クロキビスポークルームVI計画

クロキビスポークルームVI計画

みやま市瀬高町のオーダースーツ&シャツを取り扱うクロキビスポークルームのVI計画。トータルプロデューサーはタカスガクデザイン高須氏。お客とテイラーが話をしながら服を仕上げる[Be spoke]が語源の[ビスポーク]や、土地柄から暖かみのあるビジュアルを目指した。英国ブリティッシュトラッドをベースとする商品の展開からトルソーに英国紳士の髭や三つボタンをプラスさせたデザイン。フォントにもイギリスのGill Sansを採用した。

クロキビスポークルーム